全然音楽なんか関係ないかも。
でも、こういう色んな出来事が有っての音楽なのです。

=常にスケジュール更新してます=


=ジャズピアノ教室生徒募集=

芦原橋のスタジオ『Make』を借りて行ってます。ブルースやスタンダードナンバーを素材にコード進行やそれに伴うアドリブやサウンド(和音の響かせ方)等を中心にレッスンを行います。基本第一&第三火曜日の月二回レッスン(1レッスン1時間です)で月謝は 12.000円(スタジオ代込)です。問い合わせstudio&cafe Make TEL06-6562-3294 (JR環状線芦原橋駅、近鉄&阪神桜川駅徒歩5分)

    
過去のブログ:
E.D.F.物語Vol.8 『作曲すると言うこと』 / 清水武志 -2022年7月15日 11時57分-
 
E.D.F.気がつけば今年結成30年目に!!

<E.D.F.物語Vol.8>                 
『作曲すると言うこと』    文:清水武志(ピアノ&作編曲)

E.D.F.では僕の作曲した曲のみを演奏しています。けどそのルーツは92年にE.D.F.を結成する何年も前、E.D.F.の前身だったピアノトリオFollow Club(b.村松泰治、Ds.竹田達彦)に始まるのです。

その前に、このバンド名やこの新聞の名前やCDレーベル名のFollow Clubの名前の由来を話さねば成りませんね。

ずっと以前、東京に居た頃僕があまりにもくだらないギャグを吐くから皆んなから「フォロー出来ないよ」とよく言われたのでその意味からフォロー不可能を捩って”フォロー深野”という芸名を自分で考えたのが始まり。

ただこの芸名は結局人前では使わず関東では親しい仲間間のみのあだ名で終わりました。

さて、話を作曲に戻します。

実は作曲はちゃんと勉強した訳では無いのです。
が、ピアノというコードを扱う楽器の特性から直感的に曲が作れるように成ったのです。

というかちゃんと勉強して無かった分自由な発想で曲作りが出来たのです。

昔ゴンチチの三上さんと旭川で酒飲みながら話した時”作曲って自分のコンプレックスが出る”って話で纏まったのですが、思い返すと自分の曲って勿論ストーリーやメッセージは在るけど自分が出来ない事へのけったいな挑戦というかコンプレックスの現れか、コード進行とか自分には難解で出来ないけど美しい物っだったりして今のメンバーに恵まれるまで自分が一番自分の曲弾かれへん奴やったのですわ。

最近作曲スランプであんまり書けないで居るけどそんなスリリングな冒険曲の数々をお客さんは好きだと言ってくださる。

嬉しい、まあこれからもヨロピクです。

<写真はイメージです>


=お願い=
E.D.F.をはじめ僕の作品は全曲著作権を著作権管理会社Nex Tone(一部JASRAC)に委託管理して貰ってます。ご使用の際はNex Tone ( https://www.nex-tone.co.jp/ )もしくはEmpty Heart等一部はJASRAC( https://www.jasrac.or.jp/index.html )まで申請くださいますよう御願いします。
申し訳ありません / 清水武志 -2022年7月13日 22時29分-
 
都合により祇園Bonds Rosaryは12月14日(水)に変更に成りました。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
紀南の皆さん / 清水武志 -2022年7月10日 9時2分-
 
和歌山の皆さん、紀南の皆さん。

ヨロピクお願いします。
7 / 清水武志 -2022年7月8日 23時47分-
 
焼酎呑んだら寝てしまいはった。(^-^)
2CVCLUBとカヌー / 清水武志 -2022年7月7日 14時48分-
 
今日必死のパッチで動かして定位置から移動。

明日障害者カヌーが某所プールで行われるから我が家の艇を運ぶ事になり黄色の上に吊ってるカヌー降ろさなあかんから急遽移動。

カヌーずっと吊ってるから中から蛇とか大蛇とかムカデとか毒蛇出てきたらどうしよ。(^^;)

ヤマカガシとか日ばかりとかマダニとか家ダニとか南京虫とかシノメマダラメイガとか出て来たらどうしよ。
E.D.F.物語Vol.7  幻のコンサート『Psychedelic Freedom』 / 清水武志 -2022年7月7日 9時34分-
 
1993年5月23日に大阪梅田のバナナホールで行われたこのコンサートを僕は忘れない。

E.D.F.初代ドラムのベーカー土居関係でお世話になったヒップランドミュージックコーポレーションの音楽プロデューサー(故)阿部登氏主催のライブコンサート。

我々 E.D.F.の他にギターの(故)石田長生氏のジャズトリオやカオリーニョ藤原氏のハワイアンバンド等が出ていた。 

E.D.F.結成が92年10月だから結成7ヶ月目の出演。5人編成のE.D.F.ですがこの日はトランペットの(故)井口純夫さんとベースの西川サトシはんが他の仕事でお休み。ベースのトラを萬造寺剛氏にお願いして4人テットでの出演となりました。

この当時のE.D.F.は今以上に未完成、誰が一番未完成かと言うと”僕”。変なコンプレックスからか作曲作品に自分が出来ない事で美しい世界追い求めるもんだから難解で自分の曲に振り回される始末。

とはいえ、基本メロディー14いや重視だからお客さんには難解には聞こえないのが良いのでしょう。

この日の録音が残ってて実は一曲目のE.D.F.(曲名です)を僕やらかしてしまってるのですがそれもジャズ。

全体的にはリラックスしてMCも絶好調で「雪男人妻を誘拐」など某スポーツ新聞見出しネタも飛び出しとっても良い演奏が出来たのでした。

この日カオリーニョバンドで出演されてたベースの岩田晶さんに至っては「関西ジャズ界から遂にブレークするバンドが現れた」と思われたそうですが今思えばこの”ブレーク”は”ブレーク”(止まる)方だったのかも知れませんね。

名曲『Rug Time』、E.D.F.の前身のFollow Club(故:村松泰治 b、故:竹田達彦 Ds)ってピアノトリオ時代の曲ですがE.D.F.としての初演はこの日でした。

しかし歴史や、よおけ“故“って書いたでほんま。😅
三和レコーディングスタジオ / 清水武志 -2022年7月5日 15時31分-
 
今日はプチレコーディングなのよ。
携帯2 / 清水武志 -2022年7月4日 14時16分-
 
ひとまず携帯繋がり出しましたわ。

au腹たつけど人知れず復旧作業やってくれてはるエンジニアはじめスタッフの皆さんに有難うやわ。
笠蕎麦 / 清水武志 -2022年7月3日 14時3分-
 
蕎麦喰うべ!!
携帯 / 清水武志 -2022年7月3日 0時38分-
 
auまだかなあ?

こんだけ停まって迷惑かけても料金取るのかなあ?

普段電話かかって来んし滅多に掛けんし電話嫌いやし。
実際メッセンジャー等で普通に便利やしこの電話会社あんまり好きちゃうし乗り換えよかなあ。

一緒か?
愛染さん / 清水武志 -2022年7月1日 17時58分-
 
今日までや言うから独り愛人さんいや、愛染さん(愛染祭り)行きました。

大阪の夏祭りの始まりですわ。
住吉さんまで糞暑い夏を無事過ごせますように。

あいすみません。