■コメントを書く
名前


メール


本文

こう思ってやってます / 清水武志 - 2021-02-02 02:01:03
 
Covid-19禍中のライブシーンについて僕はこう感じている。

今置かれてる立場は乗客に勇気を与えるために最期まで演奏し続け船と共に沈んだタイタニック号の楽団の皆さんと似てると。

Covid-19禍中でともすると暗い時代、緊急事態宣言に時短要請で世間が思い通り動けない中我々も開始時間前倒し、終了時間19時台、下手するとライブ自体中止。音楽アーティストにとって遣り辛い世の中であると同時にそれはお客様にも聴きに行き辛い世の中である事を意味している。

けど僕たちは演奏する。集客が望みづらくても演奏する。
Covid-19禍、理解の得られない方には不謹慎と思われても音楽を発信する。

こんな時で多くの人は外には行けないけど、それでも来れなくても街の何処かで音楽が流れてるって思うだけで暖かい。

そしてそれはとても大切で素敵な事だと思うから。
- コメント -